シロアリ駆除の流れを把握

シロアリ駆除で住宅を守ろう~床下被害を防ぐために~

シロアリが発生する原因とは?

男性

シロアリ駆除を実施する際は、業者に住宅をチェックしてもらい、床下などでシロアリ被害が発生しないように対策することが大事です。

発生しやすい時期とは?

シロアリが羽アリとなって飛び立つ時期は4月から5月の間であり、羽アリが現れるのは2階などの高い場所が多いです。特に晴れていてじめじめした日は、羽アリが大量発生しやすいので、シロアリの出現に注意しましょう。

種類によって活動時期が違う

  • . ヤマトシロアリの羽アリは4月から5月の間に活動。
  • . イエシロアリは6月から7月の間に発生することが多い。
  • . アメリカカンザイシロアリは7月から10月が活動時期。

床下調査はシロアリ駆除業者にお任せ~奴らの棲み家を見つける~

住宅にシロアリが棲み着いたかどうかを調べたい場合は、シロアリ駆除業者に住宅の点検を実施してもらうのが得策です。

サービスが充実している

追加料金がかからない
シロアリ駆除業者の中には追加費用無しで点検を実施してくれる業者があり、気軽にチェックを依頼することが可能です。
年中無休で対応
24時間いつでも対応可能な業者を選べば、都合の良い時にシロアリ駆除を実施してもらえます。被害が大きくなる前に、早めに相談しましょう。
保証がついている
充実した保証を用意している業者に依頼すれば、万が一作業後にシロアリが発生しても無料で駆除をしてもらえます。被害を確実に減らすためにも、対応と保証のしっかりしているところを選びましょう。

施工完了までの流れは

現地調査

床下や庭の植木などの住宅周辺を見回り、シロアリのいそうな場所をスタッフが一か所ずつ調べていきます。

床下に入る

床下収納庫などを利用することで住宅の床下に入れます。床下点検口がある場合は、そちらを利用するのが一般的です。

家の保護

薬剤を散布する際は薬剤タンクからホースを伸ばして作業を行なうため、薬剤で住宅内が汚れることはありません。

作業に入る

シロアリ駆除では床下の木材表面に薬剤を散布し、場合によっては建材に穴を開け内部にも薬剤を注入します。玄関などの場所は土間に穴を開け、薬剤を注入するのが一般的です。建材に薬剤を注入した後は、穴を塞ぎます。

施工終了

シロアリ駆除が終わった後は施工箇所をチェックし、薬剤が漏れていないかどうかを調べます。その後は作業の保証書を発行して作業完了です。

TOPボタン